ウイスキー好きの"今夜も飲む!"

ウイスキーとその蒸溜所を愛し、年間10回以上蒸溜所を訪問。ウイスキーの良さと蒸溜所見学の楽しさを皆様に知っていただきたいと思います。2019年、ウイスキー文化研究所認定ウイスキープロフェッショナル取得。

タグ:駒ヶ岳

DSC_3899

☆Single Cask 駒ヶ岳 
 MINAMISHINSHU BEER
 IPA CASK FINISH
 Distilled 2016.2-3 Bottled 2019.10
 度数:59%
 樽種:Bourbon Barrel
(フィニッシュ:IPA CASK)

(状態) 残量:80%程度/蒸溜所にて

(テイスティング)
香り:
かなり明確にホップのアロマ、ボタニカルな風味を伴うビター、レモンピール、柔らかめなウッディ、甘さを伴うエステリー、僅かにトロピカルフルーツのスイート感もある。経時的にホップの風味はこなれてゆく印象。アルコール感はやや刺激的。

味:
口に含んだ瞬間からIPAらしいホップとボタニカルなビター感が入り混じる。続けてタンニン、松ヤニを思わせるオイリー、モルトの香ばしさ。中盤からはマンゴー等のトロピカルフルーツも感じられる。経時的にオレンジのシトラスフレーバーやバニラも現れる。
フィニッシュはほろ苦いビター感とボタニカルのアロマ、トロピカルのフレーバー、少しクリーミーな穀物感が中くらいに続く。全体を通して多少のニューポット感も感じられるが、ホップの風味とビターが上手に覆い隠している印象。余韻はドライ。

感想:
最初はホップの香りに圧倒されるが、時間を掛けることで様々な香りが開き、驚くほど楽しめる。熟成年数なりの若さも内包していると思われるが、ホップの風味とビターテイストが絶妙にカバーしており、そのためか若いながらもバーボンカスク由来と思わしきトロピカルのニュアンスが出現。ボタニカルな風味と相まって美味しく仕上がっている印象。ただ、アルコール感はキツめ。尚、加水には耐えられず、ビターな部分だけが強調されてしまう。

評価: 3~4(日飲みできる~ゆっくり楽しめるレベル)

コスパ:やや高額だが納得

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今年の初めにマルス信州蒸溜所ショップ限定で発売されたボトル。

先日、越県が可能になったタイミングに訪問したマルス信州蒸溜所で久々に味わってきました。

フィニッシュに使用されているのは、同敷地内にて操業しているクラフトブリュワリー:南信州ビールのIPAを仕込んでいた樽。フィニッシュの期間は、記憶が確かなら数か月単位で行ったとのことなので、メインの熟成樽であるバーボンバレルにて約6年熟成されていたと考えられます。尚、IPAカスクに入っていたIPAは樽詰め時にホップを相当量追加した物だったらしく、その樽でフィニッシュした結果、スタッフの方々も驚くほどのホップ風味のウイスキーになったとのこと。

実際最初に飲んだ時はその鮮烈なまでのホップの香りに圧倒されました。が、しかし、香りが飛ぶのか自分が香りに慣れるのか、経時的にどんどんホップが気にならなくなり、それどころかバーボンバレル由来と思わしきトロピカルフレーバーが現れ、一気に味わい豊かに変貌。ホップからくるボタニカルな風味やビター感と相まって非常に楽しめる一本でした。

尚、使用されているモルトは3.5ppmのライトリーピーテッドタイプ。…ですが実際の味わいや香りにそれが反映されている雰囲気は殆どなく、言われなければわからないレベルだったように思います。また、原酒の若さからくるニューポット感も多少感じられるものの、気になりそうな部分はすべからくホップがカバーしてくれている印象でした。正直、結構良い感じの出来かと思います。

マルス信州蒸溜所と南信州ビールはお互いに別会社でありながら同敷地内で操業。マルス信州を所有している本坊酒造が南信州ビールの出資者のひとつだったり、前蒸溜所所長の竹平さんが現南信州ビール常務だったりと、いろいろと深い繋がりを持つ企業だったりします。
DSC_3968
今回の駒ヶ岳IPAカスクフィニッシュは、まさにその繋がりが生んだ逸品。コラボレーション商品なわけです。そして勿論、南信州ビールからは逆バージョンともいえる「南信州ビールIPA 駒ヶ岳カスク」がリリースされており、こちらも味わい豊かで美味しい仕上がりとなっています。機会があったら是非お試しあれ。

尚、マルス信州蒸溜所では南信州ビールの樽を使用した製品の開発を、今後も随時行っていく予定とのことです。次なるリリースが待ち遠しいですね。

CIMG0360
☆Single Malt 駒ヶ岳 Yakushima Aging 
 Bottled in 2020

 度数:53%
(状態) 開封直後/残量:90%程度/自宅

(テイスティング)
香り:
すだちの皮、スポンジケーキのような甘さを伴う香ばしさ、清涼感を伴うハーブオイル、ウッディ、オレンジピール、仄かにスモーキー。

味:
序盤はバニラ・バナナ等を思わせるしっかりとした甘みと、ドライなウッディ。中盤からは青みと酸味を伴う柑橘が加わる。終盤にかけて穀物様の香ばしさ、オイリー、灰汁っぽさとスモーキーさを感じる。アルコールの刺激はやや強め。フィニッシュはビターでドライ。さっぱりとした印象。

感想:
全体的にシンプル。特に余韻はかなりあっさりしている。また、若く荒っぽい部分も相当に感じられたが、その中にも屋久島エイジングらしい青っぽい柑橘、バーボンカスク由来らしいフレーバーをしっかり感じることができる。加水にもそれなりに耐える印象。

評価: 
2(飲めないことはないレベル)~ 3(可も不可もなし)

コスパ:やや悪い

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
マルスウイスキー(本坊酒造)より年に1回のペースでリリースされている、シングルモルト駒ヶ岳・屋久島エージングシリーズ。このボトルは先日発売となったシリーズ第3弾です。

屋久島エージングは、マルス信州蒸溜所で造られた原酒を、遠く屋久島の専用熟成庫(エージングセラー)まで運んで熟成させた原酒で構成されているシリーズで、第1弾がバーボンカスク、第2弾がシェリーカスクをそれぞれ主体としたバッティングでした。

今回は再びバーボンカスク原酒、それもノンピートのものが主体だそう。しかしながら、スパイス的にピートタイプ原酒もある程度加えられているようで、全体を纏める良いアクセントとして感じられました。

一方で、やはり酒齢が若いことから荒々しさはかなり残っている印象。まだまだ道半ばといった印象です。

とはいえ、屋久島エージングセラーは2016年に建設されたばかり。ここで眠る原酒がその真価を発揮するのは、まだもう少し先のことでしょう。

尚、屋久島では信州原酒の他に津貫蒸溜所の原酒も熟成中。こちらのボトリングも待たれるところです。

CIMG0361
☆Single Cask 駒ヶ岳 AGED 6 YEARS
 Distilled 2013.3 Bottled 2019.10
 度数:59%
 樽種:Madeira Cask
(状態) 開封直後/残量:90%程度/自宅

(テイスティング)
香り:
リンゴジャム、レーズンバター、カラメル、仄かにカカオ、梅酒、バゲッドやラスクのような香ばしさ。

味:
序盤からしっかりとしたオーク様のウッディさ、タンニンが感じられる。スイートで、ボディもそれなりにしっかりした印象。中盤にはカスタードクリーム、または卵成分の多いプリン。濃厚なベリーのソース。終盤にかけてレーズン等のドライフルーツ、プルーンのジャム、僅かに硫黄っぽさも感じる。少々灰っぽいピーティさも。フィニッシュはハイカカオチョコのようなビターと控えめなスモークが長く続く。後味でやや強いエグみが残る。

感想:
樽由来の比較的しっかりとしたウッディと、フォーティファイドワイン樽らしいベリーとドライフルーツ感、およびカスタードクリームを思わせるクリーム感に控えめなピートが程良いスパイスとなって、重層感のある、なかなか楽しめる味わいに纏まっている。若干のエグみが気になるところだが、問題になる程ではない。加水すると、ややドライな方向にシフトする。


評価: 4(ゆっくり楽しめる)~
5(非常に美味しい)

コスパ:値段相応
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この春先に発売された駒ヶ岳のシングルカスクエディションの1本。もう1本は91年ヴィンテージの28年物でした。

この新旧合わせたシングルカスクリリースは昨年同時期にも行われています。折しもそれは日本におけるウイスキー・スピリッツを対象とした初のコンペティション、TWSCの開催に合わせた形となりました。結果は、見事に2本とも最高金賞を獲得。

そして今年もやはりTWSCを見据えたリリース。が、残念ながら開催は5月に先送りに。ジャッジは先のお楽しみ。

さて肝心な味わいの方はというと、やはりコンペの出品を前提としたであろうセレクトなだけあって、多少のエグみを伴いながらも重層感のある、非常に楽しめる味わいとなっていました。尚、マデイラカスク単体でのリリースは(おそらく)今回が初。

正直、信州蒸溜所のメインとされるバーボンカスク、ないし最近リリースの多い新樽熟成の原酒に比べると、シェリーカスクはじめ、ワイン系カスクの原酒に関しては少々期待値が…というのが従来の感想でした。が、このボトルはそんな心配を見事に払拭してくれる出来でした。

正直、これはなかなか良いな、と。


個人的に信州の原酒は概ね6年以上の熟成でポテンシャルを発揮してくる印象。特に近年リリースのボトルでは「マルスモルト ル・パピヨン ギフチョウ」にて、それを実感しました。

本ボトルのヴィンテージは2013年。この年はマルス信州蒸溜所が2011年に復活して以降、原酒製造の方向性が定まり、いよいよ本格的・安定的にウイスキー製造に着手しはじめた時期と聞きます。尚、2013年以降は製造量的にも増産の方向にシフトおり、貯蔵されている原酒の量的にも余裕の出始めるヴィンテージかと思われます。
DSC_1150
さて、自分の考察が正しければ、今後、再稼働後の原酒で熟成期間6年以上の、品質的にも比較的安定した、美味しいウイスキーが登場する機会が増えると勝手に予想。今後に期待が膨らむところです。

〇 ライトで飲みやすい味わいの駒ヶ岳。
CIMG0154

☆駒ヶ岳 KOMAGATAKE Limited Edition 2019
 Single Malt Japanese Whisky
 Non-Cill Filtered
 度数:48%

(状態) 開封直後/残量:90%程度/自宅保管

(テイスティング)
香り:
ピノー・デ・シャラントのような濃密な甘い香り、アンズ、リンゴ、新品のレザー生地、紅葉の森林を感じさせる湿ったウッディ、薄っすらとシナモンやナツメグも香る。奥行きはそこまで無いが、スイートでやさしく好印象。スワリングするとミントのような青い香りが立つ。乳酸っぽい酸味もある。

味:
やや強めな渋み、ほんのりと甘く、やや単調な雰囲気。序盤~中盤では焼き菓子、リンゴの皮、レザーの香り。最後に少々モルトの香ばしさを感じる。
フィニッシュは中程度であっさり軽め。余韻ではリンゴや和梨の後味を思わせる風味。加水でビター、モルティ、酸味が現れるがボディは折れてしまう。加水には耐えられない様子。

感想:
ライトかつシンプル。香りでは特にトップノートで甘く濃密な印象。次第にシナモンやナツメグといったスパイス、晩秋の森の香りといった要素も現れ、なかなか良い印象。
一方で味わいの方は、やや単調。甘さやコクといった要素は非常にライトで控えめ。ウッディな渋みが目立つ印象。香りの期待からは少々ハズれる印象だった。ただ、特にネガティブな要素は感じられず、日常で飲む分には差し支えないかと思う。また、ややハイプルーフな設定であるものの、加水ではあまり伸びず。ロックやハイボールよりもストレートが推奨される印象。もう少しリーズナブルならば…。

評価: 3 (可も不可もなし/日飲みできるレベル)

コスパ:やや悪い

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
マルスウイスキー(本坊酒造)より年に1回リリースされるシングルモルト駒ヶ岳のイヤーリミテッドエディション。その2019年版のボトルです。

裏ラベルおよび既出の情報によると、信州蒸留所のバーボンカスク原酒を中心にバッティングしたものだそう。

香りではバーボンカスク由来らしい、スイートなフルーツ&オリエンタルスパイスが存在。かなり濃密な甘いニュアンスを感じたものの、味わいではもう一つ。加水にも弱く、ハイボールだとちょっと物足りない感じ。一方で棘の少なくスイート方面な味わいはビギナー含め万人に向く、無難な味わいといった印象です。

使用されている原酒は勿論、マルス信州蒸溜所のもの。マルス信州蒸溜所の原酒はバーボンバレル熟成主体で、実際の酒質もバーボンバレルとの相性が最も良いとのこと。今回のリミテッドエディション2019は若々しいながらも、信州原酒の“良さ”をそれなりに体現できているような気がします。ただ、如何せん熟成年数が足りないようで、味わいの厚みには欠けている様子。今後のリリースで味わいが如何に深化するか、注目していきたいと思います。

2018年より続くこのリミテッドエディションは今後の定番リリースの布石の一つ。原酒の供給・品質が安定すれば、待望の定番品「シングルモルト駒ヶ岳」がリリースされることでしょう。

それまでは首をながーくして待つしかないですね。

このページのトップヘ