ウイスキー好きの"今夜も飲む!"

ウイスキーとその蒸溜所を愛し、年間10回以上蒸溜所を訪問。ウイスキーの良さと蒸溜所見学の楽しさを皆様に知っていただきたいと思います。2019年、ウイスキー文化研究所認定ウイスキープロフェッショナル取得。

タグ:シグナトリー

DSC_3847
☆ROSEBANK 1990
 SIGNATORY VINTAGE LOWLAND
 Aged:16 Years
 Distilled on:22.06.1990 Bottled on:14.02.2007
 
 度数:43%
 樽種:Hogsheads Cask Nos:1514+15
(状態) 残量:20%程度/バー飲み
DSC_3848
(テイスティング)
香り:
透明感のあるエステリー、桃のコンポート、洋梨のフレーバー、柔らかいフローラル、奥の方に少しくぐもったモルト、僅かながらビターを伴うウッディもある。

味:
柔らかいビター、乾いた穀物または籾殻、やや粘性を感じるスイート、緩みを感じるフローラル。終盤には青みを伴うモルト、若干のメタル。洋梨に近いフルーツのエステリーも感じられるが、極めて控えめ。フィニッシュにはモルティとフローラルが残る。

感想:
香りではピーチや洋ナシなどのエステリー、味わいはシロップのようなスイートとモルト、フローラルが主体な印象。加水されているためか、口当たりはソフト。フローラルの部分はもう少しで柔軟剤や石鹸、パフュームに転じそうな危うい香り…。若干の金属臭が気になるが、悪くはない。特に突出した要素はなし。安定した味わい。

評価:3(可も不可もなし/日飲みできるレベル)


コスパ:良い

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
閉鎖蒸溜所のなかでも相変わらず人気銘柄なローズバンク。名前がキャッチーなせいか、それとも名が体を表した(つまりバラの香りがする)わかりやすい味だからか、今もなお高騰の止まらないウイスキーのひとつです。

故に近年リリースのボトルは見つけても手が出ず、オールドボトルは機会に恵まれず、他に目移りしている間に殆ど飲んでいない銘柄となっていました。が、今回無事普通に飲めるレベルのボトルと出会い、テイスティングした次第です。

まあしかしローズバンク自体はリリースがそれほど少なかったわけでもなく、ちゃんと探せばそこかしこにあるはず…。怠慢ですねぇ;

さて、今回いただいたのはシグナトリーからリリースされたバーボンホグズヘッド熟成の16年物、2樽分をバッティングした43%加水品です。

3回蒸溜故か加水品のためか、それとも開栓後の度数落ちか、口当たりはかなりマイルドな印象。しかしながら味わいは割としっかり残っており、スイートとフローラルが心地よい印象の安定した味でした。若干青かったりメタルを感じたりもしましたが、概ね優しい味わいで口当たりも良く、悪印象は殆どありません。ただ、フローラルな部分が僅かにパフュームに傾きつつある印象。個人的には多少のソーピーやパフュームには寛容ですので、毛嫌いするほどではありませんが、これ以上傾くと好き嫌いの別れるものになりそうです。

まあ、なんというか、本当に凄いボトルは凄いんでしょうが、「ローズバンク」というだけで「美味い」に結びつけるのは早計というか…、他の閉鎖蒸溜所のボトルを含めて名前が独り歩きしている感は強いですね。随分今更ではありますが。

今回のボトルは良くも悪くもフラット。ちゃんと飲める味で安心感ってところでした。

さて、ローズバンクは復活のお話が出てましたがどうなったんでしょうか。まあこのご時世なので中断されているのか、それとも…。

まあ果報は寝て待つことにしましょう。

〇 シトラスフルーツと程良いスパイス、少々刺激的な口当たり。今後の伸びしろに期待。
CIMG0148
☆GLENLOSSIE Vintage 1992  Aged: 24Years
 SIGNATORY VINTAGE 
 CASK HAND PICKED BY THE WHISKY EXCHANGE
 度数:56.3%
 樽種:ホグズヘッド


(状態) 開封直後/残量:90%程度/自宅保管

(テイスティング)
香り:
オレンジオイルまたはオレンジビターズ、シトラス系のフルーツシロップ、切りたての洋梨、麦汁の甘くて香ばしい風味、ホワイトペッパーやクローブのスパイシー、全体的にライトでスイート。少しワクシーでパラフィンを思わせるニュアンスもある。

味:
最初はビターでスパイシー、クローブやペッパーを強く感じ、フレッシュな酸味も伴う。中盤から控えめながらシロップのようなスイート、ワクシー、オレンジ等の柑橘系のドライフルーツの印象が強い。終盤に向かってクリーム、ウッディ、少々刺激的な口当たりが押し寄せる。フィニッシュで刺激的な口当たりから穏やかに変化、オレンジピールなどのフレッシュフルーツ香を残しつつ、ドライに切れ上がる印象。刺激的である一方で、さらっとした口当たり。

感想:
香りではオレンジや洋梨を中心にフレッシュで甘いいんしょだが、味わいは比較的ドライでビター、かつスパイシー。アルコール刺激もそれなりに強く感じられる。中盤~後半に向かって甘さやフルーツが後追いしてくる印象。余韻でオレンジが残る。加水すると角が取れ、オレンジやピーチのようなフルーツ感と薬草的な青さが前面に現れる。瓶熟でどこまで伸びるのか期待。

評価: 3(可も不可もなし)~ 4(美味しく感じる)

コスパ:値段相応
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シグナトリーが英国のウイスキーバイヤー、ウイスキーエクスチェンジ向けに販売したボトルで、前回レビューしたシグナトリー×信濃屋ジョイントボトル第2弾、グレンロッシーのシスターカスクにあたるものです。
CIMG0150

使用されている樽は双方ともホグズヘッド。おそらくバーボン樽と考えて間違えないでしょう。ボトリングの時期も2ヶ月程度(信濃屋:3月、エクスチェンジ:5月)の差であり、度数もほぼ同程度。ただし、ボトリング数は70本程度の差が生じています。

味わいとしては信濃屋ロッシーと似た方向にありつつも、こちらの方がわずかにビター&スパイシーが先行するイメージ。余韻も結構ドライで甘さ控えめな印象でした。

個人的にはもっとスイートかつフルーティなものを期待していたのですが、現時点では期待していたほどのスペックではない模様…。信濃屋ロッシー同様に瓶熟にて今後様子見していく必要がありそうです。

余談ながら、1992ヴィンテージのグレンロッシーは2017年頃にシグナトリーより複数本がリリースされていたようで、これら2本の他にシグナトリービンテージのシリーズとして直接販売されたものが現在確認できます。機会があれば他のリリースも試してみたいですね。

今後の味わいの伸び方次第ではコスパ優良なボトルに変化する可能性もあり、半年~1年ぐらいかけてゆっくりと様子を伺っていきたいと思います。

〇 フレッシュなシトラス。ポテンシャルを感じさせるスペイサイドの佳酒。
DSC_3520
☆GLENLOSSIE Vintage 1992  Aged: 24Years
 SIGNATORY VINTAGE 
 EXCLUSIVELY CHOSEN BY SHINANOYA, TOKYO, JAPAN
 度数:57.4%
 樽種:ホグズヘッド


(状態)開封直後/残量:90%程度/自宅保管

(テイスティング)
香り:
オレンジオイル、オレンジピール、ワクシーな印象、未熟なキウイ、シロップ薬、青レモンのピールのような若干の青さ、やや尖ったアルコール刺激。甘くオイリーな印象だが、次第にフレッシュフルーツの酸味も現れる。徐々に焼きたてパンのような香ばしさ、イースト的な酸味、キャラメルのようなニュアンスも出てくる。

味:
フルーツのシロップのような甘さ、フレッシュな酸味、オレンジソース、やや青っぽい印象。中盤あたりからはワクシーで刺激的、ビター、薬草っぽさも。さらに終盤からフィニッシュにかけてはスパイシーで、ペッパー、クローブを感じる。フィニッシュはやや長めで、ビターの中に青さとウッディさが混ざる。口当たりはさらっとしており、ややヒリつくが不快ではない。

感想:
開栓したてからそれなりに良い子なイメージ。ワクシーだが、ちゃんとオレンジや青レモンのフルーティさもしっかり感じられ、開栓直後ながらしっかり楽しめる印象。時間経過で酸味方面のニュアンスが引き立ってくる。加水するとワクシー&オイリーが抜け、よりフルーツのニュアンスを感じやすくなる。また原酒に由来すると思われるイースティなニュアンスも現れる。今後、瓶熟でこなれることが期待できそうな味わい。

評価: 4 (美味しく感じる/ゆっくり楽しめるレベル)

コスパ: 良い

~グレンロッシー蒸溜所~
現在ディアジオの傘下で、主にブレンド用に原酒を提供。オフィシャルのシングルモルトはリミテッドリリースを除けば「花と動物」の10年物のみ。ボトラーズでは近年も度々リリースされているので、個人的にはオフィシャルよりもボトラーズのほうが馴染みがあるイメージ。

ブレンド用原酒の提供先と著名なのはヘイグ(ディンプル)。姉妹蒸溜所としてマノックモアが併設されており、ディアジオ社の巨大集中熟成庫、およびドラフの処理施設(ダークグレイン工場)も完備されている等、大規模な複合施設を成している。

ポットスチルは現在6基。スピリットスチルには精留器が取り付けられている。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

数年前に発売され、ネットでは解禁されてから数十分で完売したといわれるボトル。故あって手元にあったものを開栓、テイスティングしました。

販売元は日本におけるウイスキー販売の雄、信濃屋。原酒の提供元はこちらも著名なスコットランドのボトラーズ、シグナトリーです。本ボトルは所謂シグナトリー×信濃屋ジョイントボトルと呼ばれるリリースの第2弾にあたるもので、第1弾のグレンタレット 1987年と同時発売でした。

この2本は販売開始前より評判上々で、ネットでは先述の通りほぼ即完売(タレットに至っては数分程度で完売)してしまったそうです。これ以降も同ジョイントボトルとしてブルックラディやバルメナック、グレンバーギーなどがリリースされ、その度に早々に完売してしまう、人気のシリーズとなっています。

また、同シリーズ各ボトルに対するネット上での評価を見ていると、概ね「開栓すぐでも美味しく飲める」「瓶熟でもっと伸びそうなスペック」等のレビューが散見され、どれも品質面では高評価な模様。樽をチョイスしたバイヤーさんの敏腕ぶりが窺えます。

本ボトルも例に漏れず開けたてで十分楽しめるレベルで、オレンジ系シトラスのフレッシュな甘さに若レモンや未熟キウイの酸味が合わさり、かなり自分好みな仕上がり。樽感含め主張の強いフレーバーもほぼ無く、いい意味でブレンド向け原酒を造っている蒸溜所らしい上品な味わいでした。

価格は1万数千円程度でコスパ面も非常に良く、現状の日本の市場を考慮すれば、即完売も充分頷けるクオリティです。

ワクシーさやツンツンした部分は、今後徐々にこなれて新たなフレーバーを生みそうな予感がしますし、現状で控えめなシトラス感やフレッシュな酸味はまだまだ伸びしろがありそう。しっかりと瓶熟させて楽しみたい反面、現状でもドンドンいけてしまう程に良い味わいであり、飲むか飲まざるかのジレンマの対象でもあります。とりあえずは飲みたい欲望をグッと我慢して、まずは半年を目安に経過観察ですかね。魔が差さないように注意注意と…。

このページのトップヘ