ウイスキー好きの"今夜も飲む!"

ウイスキーとその蒸溜所を愛し、年間10回以上蒸溜所を訪問。ウイスキーの良さと蒸溜所見学の楽しさを皆様に知っていただきたいと思います。2019年、ウイスキー文化研究所認定ウイスキープロフェッショナル取得。

タグ:エッセンスオブサントリー

〇 直球と見せかけた変化球? サントリーブレンデッドの変わり種
DSC_2953
☆ THE ESSENCE of SUNTORY WHISKY BLENDED JAPANESE WHISKY RITCH TYPE
 (Alc.48%、オフィシャル、ブレンデッドウイスキー)

(状態)
開封直後/残量:100%程度/バー飲み

(テイスティング)
香り:
キャンディー、ジンジャー、ドライフルーツ、牛脂のようなファッティ、少々金属臭。次第にミルククリーム、トマトピューレ、ビーフブイヨン、セロリの葉、バルサミコが現れる。さらに経過するとメープルも。

味:
はっきりしたシロップの甘さ、リンゴのバターソテー、少々カスタードクリームやバニラ、スパイシーで程良い刺激。次第に杉板のようなウッディ、タンニン。ミネストローネを思わせるスープ。余韻にかけてピーチやマスカットのフルーティ。みたらし団子。余韻は長めで、ビターとドライフルーツが残る。

感想:
最初から山崎の原酒らしい香りがはっきり現れ、サントリーのブレンデッドの王道路線の雰囲気で始まるが、徐々に杉板由来の個性が顔を出し始める。特に中盤以降はトマトスープ感や金属、杉板の風味が現れ少々異質。それでも最後はピーチやマスカットなどフレッシュフルーツやみたらし団子の風味が現れスイートに収まる。所謂リッチ感もそれなりに感じられ、普通に楽しめる。余韻はやや長い印象。

評価: 3 ~ 4 (可も不可もなし ~ 美味しく感じる)

コスパ:値段相応~やや高い


前回に引き続きTHE ESSENCE of SUNTORY WHISKYの第3弾、の2種のうちのもう片方。

クリーンタイプに比べると圧倒的にサントリーのブレンデッドウイスキー感が出ており、一見するとド正統派に見える1本。しかししか~し、飲み進めば進むほど明らかに異質な雰囲気のフレーバーが顔を出してきます。

やはり際立つのは金属やトマトスープのイメージ。クリーンタイプに比べて動物性のファッティ感が強く、そのせいかビーフブイヨンのようなコクを感じ、よくあるフルーツやバニラクリームのようなデザート系ではない料理的な味わいを連想させます。やはり杉樽の影響か、一般的なブレンデッドと比較すると明らかに個性的。それでもクリーンタイプより纏まりの良い印象で、飲みやすさではこちらに軍配。ただし加水ではエグみが増すように感じられ、ボディも折れるので飲み方は個人的にはストレート一択かなと思いました。
DSC_2954
さて、最新作を2種類とも飲んだ結果は…まあ良くも悪くも実験的なボトル…と言ったところでしょうか。決して万人にオススメできないし、だからといって不味いとか飲めないとかではなく、良くも悪くも玄人向けな、お試し的な要素の大きな仕上がりに感じました。そもそもエッセンスオブシリーズが料飲店限定流通品であり、リミテッド商品なので当たり前といえば当たり前なんですがね。

ただ、杉樽の影響がどういうものかを知る上では非常に勉強になるボトルだと思います。もしバー等で見かけられたら一度試してみてはいかがでしょうか。

〇 変化球だが悪くない、サントリーブレンデッドの異端
DSC_2952
☆ THE ESSENCE of SUNTORY WHISKY BLENDED JAPANESE WHISKY CLEAN TYPE
 (Alc.48%、オフィシャル、ブレンデッドウイスキー)

(状態)
開封後数日/残量:90%程度/バー飲み

(テイスティング)
香り:
最初は驚くほどはっきりした杉材の香り。木材加工所、高級家具屋の香りを思わせる。その後徐々にピーチ、洋梨、梅酒、バニラキャラメル、トマトソース、スパイスが香る。時間経過とともに松ヤニ、ミルククリーム。僅かにピートも感じる。かなり個性的な印象。

味:
ピーチネクターやマスカットのガム、リンゴ、あっさりした甘さとウッディなニュアンス、しっかりとビター。杉の香りは程良く感じる程度。ややスパイシーで、トマト風味、サルサソースのような独特の旨味、ジンジャーも感じる。少々青っぽくて金属的な風味も感じる。余韻はドライ寄りで短め。飲み進めるとトマトや青さが目立つようになる。少々オイリー、ミルキー、若い印象。

感想:
とても個性的!だが不味かったり飲めないという訳ではない。杉の風味は思ったほど強くない。杉の香りとの相互作用なのか、トマトまたは金属的なフレーバーが目立つ。また杉樽香がこなれてくると少しファッティな印象に変わってくる。加水は数滴なら伸びる印象だが、ウッド感が強くなってくる。多く加水するとボディが崩れる印象。

評価: 3 (可も不可もなし/日飲みできるレベル)

コスパ:値段相応~やや高い


先日発売開始となったサントリーの料飲店限定シリーズ、THE ESSENCE of SUNTORY WHISKYの第3弾

今回のエッセンスオブサントリーは「杉樽」がテーマ。片や白州蒸溜所の若いモルト、もう一方は山崎蒸溜所の長熟モルトを軸に、知多のグレーンを加え杉樽をアクセントとして使用した独特のブレンデッドウイスキーです。

正直「杉樽」と聞いてかなり構えていたのですが、いざテイスティングしてみると意外と楽しめる香り&味わいに驚かされました。ただ、ブレンデッドとはいえピーキーなリリースであるエッセンスオブシリーズなだけあってか決して万人受けする雰囲気ではない、一癖二癖ある印象。

杉樽由来と思わしき独特なファッティなコクや木材感、そこはかとなく香る青さやトマト、金属臭などかなり個性的なフレーバーを含んでおり、ブラインドならばまずサントリーのブレンデッドとは答えないような、かなり異端を感じさせるキャラクターでした。

杉樽といえば過去にサントリーからリリースされていた「膳」や「座」、「響12年」等の原酒に杉樽が使用されていたことで知られています。また、非常に個性が強く、短期間の熟成でもかなり香りが出たとか出ないとか…。まあだからこそ樽全体に使用せず鏡板のみの使用に留まったということなんでしょう。

杉樽といえば、先頃「神息(かみき)ウイスキー」という日本”っぽい”謎のブランドが海外で発売され、「マリッジに奈良県の吉野杉を使った」とアピールしていましたね…。ブランドページには「杉樽」と明記されておらず、一体どのような形で使用したのか謎ではありますが、もし全面杉製の樽を使っていたとするのならば、どのような味がするのか興味をそそられるところでもあります。まあテイスティングの機会、無いと思われますが…


2019年10月29日、サントリーよりエッセンス・オブ・サントリーウイスキー 第3弾が発売された。
情報元:サントリー(https://www.suntory.co.jp/whisky/essence/

今回発売されたのは2種類。両方ともブレンデッドウイスキーとなっている。

・ エッセンス・オブ・サントリーウイスキー ブレンデッドジャパニーズウイスキー(クリーンタイプ)

公式サイトによると
〇 鏡板に杉材を使用した「杉樽」で6年以上熟成した白州モルト原酒
〇 白州のホワイトオークで熟成したモルト原酒
〇 知多のクリーンタイプのグレーン原酒
を使用しているとのこと。

・ エッセンス・オブ・サントリーウイスキー ブレンデッドジャパニーズウイスキー(リッチタイプ)

こちらは
〇 ホワイトオークで12年以上熟成後、「杉樽」にて6年以上熟成した山崎のモルト原酒
〇 シェリー樽やミズナラ樽で18年以上熟成した山崎のモルト原酒
〇 18年以上熟成の知多のグレーン原酒
を使用。

どちらのタイプもアルコール度数は48度。容量は500ml。料飲店限定で販売される。

そして今回のテーマとなっているのが「杉樽熟成原酒」。かつてサントリーウイスキー「膳」、「座」に使われたことで有名な原酒だ。

以前使用された経歴のある樽材が目玉となっており、「膳」や「座」を知る者にとって目新しさに少々欠けるものの、つい先日マルスウイスキーサクラカスクフィニッシュ(https://www.hombo.co.jp/item/whisky_brandy/marswhisky_sakura_cask_finish/)が発売され、他社でも栗の木などこれまでにない木材の樽が熟成に使用され始めているご時世に十分マッチしたリリースといえる。

さて、「膳」、「座」では賛否分かれた杉樽原酒。さて巷の評価や如何に。

このページのトップヘ