〇 シトラスフルーツと程良いスパイス、少々刺激的な口当たり。今後の伸びしろに期待。
CIMG0148
☆GLENLOSSIE Vintage 1992  Aged: 24Years
 SIGNATORY VINTAGE 
 CASK HAND PICKED BY THE WHISKY EXCHANGE
 度数:56.3%
 樽種:ホグズヘッド


(状態) 開封直後/残量:90%程度/自宅保管

(テイスティング)
香り:
オレンジオイルまたはオレンジビターズ、シトラス系のフルーツシロップ、切りたての洋梨、麦汁の甘くて香ばしい風味、ホワイトペッパーやクローブのスパイシー、全体的にライトでスイート。少しワクシーでパラフィンを思わせるニュアンスもある。

味:
最初はビターでスパイシー、クローブやペッパーを強く感じ、フレッシュな酸味も伴う。中盤から控えめながらシロップのようなスイート、ワクシー、オレンジ等の柑橘系のドライフルーツの印象が強い。終盤に向かってクリーム、ウッディ、少々刺激的な口当たりが押し寄せる。フィニッシュで刺激的な口当たりから穏やかに変化、オレンジピールなどのフレッシュフルーツ香を残しつつ、ドライに切れ上がる印象。刺激的である一方で、さらっとした口当たり。

感想:
香りではオレンジや洋梨を中心にフレッシュで甘いいんしょだが、味わいは比較的ドライでビター、かつスパイシー。アルコール刺激もそれなりに強く感じられる。中盤~後半に向かって甘さやフルーツが後追いしてくる印象。余韻でオレンジが残る。加水すると角が取れ、オレンジやピーチのようなフルーツ感と薬草的な青さが前面に現れる。瓶熟でどこまで伸びるのか期待。

評価: 3(可も不可もなし)~ 4(美味しく感じる)

コスパ:値段相応
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
シグナトリーが英国のウイスキーバイヤー、ウイスキーエクスチェンジ向けに販売したボトルで、前回レビューしたシグナトリー×信濃屋ジョイントボトル第2弾、グレンロッシーのシスターカスクにあたるものです。
CIMG0150

使用されている樽は双方ともホグズヘッド。おそらくバーボン樽と考えて間違えないでしょう。ボトリングの時期も2ヶ月程度(信濃屋:3月、エクスチェンジ:5月)の差であり、度数もほぼ同程度。ただし、ボトリング数は70本程度の差が生じています。

味わいとしては信濃屋ロッシーと似た方向にありつつも、こちらの方がわずかにビター&スパイシーが先行するイメージ。余韻も結構ドライで甘さ控えめな印象でした。

個人的にはもっとスイートかつフルーティなものを期待していたのですが、現時点では期待していたほどのスペックではない模様…。信濃屋ロッシー同様に瓶熟にて今後様子見していく必要がありそうです。

余談ながら、1992ヴィンテージのグレンロッシーは2017年頃にシグナトリーより複数本がリリースされていたようで、これら2本の他にシグナトリービンテージのシリーズとして直接販売されたものが現在確認できます。機会があれば他のリリースも試してみたいですね。

今後の味わいの伸び方次第ではコスパ優良なボトルに変化する可能性もあり、半年~1年ぐらいかけてゆっくりと様子を伺っていきたいと思います。