〇 直球と見せかけた変化球? サントリーブレンデッドの変わり種
DSC_2953
☆ THE ESSENCE of SUNTORY WHISKY BLENDED JAPANESE WHISKY RITCH TYPE
 (Alc.48%、オフィシャル、ブレンデッドウイスキー)

(状態)
開封直後/残量:100%程度/バー飲み

(テイスティング)
香り:
キャンディー、ジンジャー、ドライフルーツ、牛脂のようなファッティ、少々金属臭。次第にミルククリーム、トマトピューレ、ビーフブイヨン、セロリの葉、バルサミコが現れる。さらに経過するとメープルも。

味:
はっきりしたシロップの甘さ、リンゴのバターソテー、少々カスタードクリームやバニラ、スパイシーで程良い刺激。次第に杉板のようなウッディ、タンニン。ミネストローネを思わせるスープ。余韻にかけてピーチやマスカットのフルーティ。みたらし団子。余韻は長めで、ビターとドライフルーツが残る。

感想:
最初から山崎の原酒らしい香りがはっきり現れ、サントリーのブレンデッドの王道路線の雰囲気で始まるが、徐々に杉板由来の個性が顔を出し始める。特に中盤以降はトマトスープ感や金属、杉板の風味が現れ少々異質。それでも最後はピーチやマスカットなどフレッシュフルーツやみたらし団子の風味が現れスイートに収まる。所謂リッチ感もそれなりに感じられ、普通に楽しめる。余韻はやや長い印象。

評価: 3 ~ 4 (可も不可もなし ~ 美味しく感じる)

コスパ:値段相応~やや高い


前回に引き続きTHE ESSENCE of SUNTORY WHISKYの第3弾、の2種のうちのもう片方。

クリーンタイプに比べると圧倒的にサントリーのブレンデッドウイスキー感が出ており、一見するとド正統派に見える1本。しかししか~し、飲み進めば進むほど明らかに異質な雰囲気のフレーバーが顔を出してきます。

やはり際立つのは金属やトマトスープのイメージ。クリーンタイプに比べて動物性のファッティ感が強く、そのせいかビーフブイヨンのようなコクを感じ、よくあるフルーツやバニラクリームのようなデザート系ではない料理的な味わいを連想させます。やはり杉樽の影響か、一般的なブレンデッドと比較すると明らかに個性的。それでもクリーンタイプより纏まりの良い印象で、飲みやすさではこちらに軍配。ただし加水ではエグみが増すように感じられ、ボディも折れるので飲み方は個人的にはストレート一択かなと思いました。
DSC_2954
さて、最新作を2種類とも飲んだ結果は…まあ良くも悪くも実験的なボトル…と言ったところでしょうか。決して万人にオススメできないし、だからといって不味いとか飲めないとかではなく、良くも悪くも玄人向けな、お試し的な要素の大きな仕上がりに感じました。そもそもエッセンスオブシリーズが料飲店限定流通品であり、リミテッド商品なので当たり前といえば当たり前なんですがね。

ただ、杉樽の影響がどういうものかを知る上では非常に勉強になるボトルだと思います。もしバー等で見かけられたら一度試してみてはいかがでしょうか。